音楽を生業とするための条件

好きな音楽が仕事って幸せです

過去と現在の音楽業界とは

皆さんはカラオケに行ったり音楽を聴きながら歌ったりすることは、好きですか。 なかなかできる仕事ではありませんが、歌に自信がある方に歌手だけではなく、様々な仕事があるんです。 歌を歌う仕事に就きたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。 自分がしたい仕事に出会えるかもしれません。

迫力満点のオーケストラの演奏者になりたい

オーケストラのコンサートに行ったことがありますか。 テレビで見るのとは迫力感がまるで違います。 音が体全体に響き渡る感じはコンサートで実際に聴いた人にしかわかりません。 そんなオーケストラの演奏者はどのような形で収入を得ているのか考えてみました。

自分の歌声で生活したい方に

今の日本の音楽業界は、とても厳しいのが現状です。
音楽CDはスマートフォンの普及により、いつでも音楽を聴ける時代になったせいで、わざわざCDを買うまでもないという人が多いのです。
70年代80年代に活躍していたアイドルはテレビのブラウン管を通して見るだけの存在でどこか違う世界の人のような感覚さえ覚える遠い存在でした。

しかし今のアイドルは割とすぐ会える握手会や、小さな会場で音楽ライブをする歌手が増えてきているのです。
自分の憧れの歌手と簡単に会えることができるのは嬉しい限りですが会った時の特別感はなくなってしまうかもしれません。

この様に音楽が身近な存在になってきている事はとても良いことなのですが、音楽を生業として生きてる人からすると大きな悩みなのです。
なぜならパソコンの急激な普及により、楽器を買わなくても簡単に音が出せてしまう時代になってしまったからです。

昔は、楽器を購入し、練習することで、やっと聴ける音色もパソコン一つですぐ出せてしまうのです。
しかし、たとえそうであっても、楽器を弾く楽しさや、重要性はたくさんあります。

パソコンでは確かに正確で楽譜に書いてある通りに演奏できますが、音楽は、正確に弾くことがすべてではなく、演奏者の感情が入ることによって曲に深みがでたり、人はコンピューターではないので、同じ音は 二度と出せないものといわれています。
将来音楽で生活するために、必要な事は何なのか。
今注目すべき楽器も一緒に紹介していきましょう。

エレクトーン、電子オルガン演奏者になる条件は

エレクトーン、電子オルガンはどうしてもピアノの陰に隠れていまいち人気が出ません。 その理由と演奏家の仕事はどのような条件が必要なのか、考えてみました。 自分が演奏をしてお金になり、それで生活をしていくには、苦労と個性がないとなかなか難しいのかもしれませんね。

TOPへ戻る