好きな音楽が仕事って幸せです

迫力満点のオーケストラの演奏者になりたい

オーケストラの演奏者の仕事

オーケストラの演奏者のほとんどが、本性が別にあって、オーケストラの仕事は副業のようなものとして生活している人がほとんどです。
スポンサーがいないと、なかなか維持できないのが現状で、楽器のメンテナンスや会場費など思っている以上に一回のコンサートで費用が掛かってしまいます。

それにオーケストラのコンサートは日本全国、時には外国に演奏しに行かなければならないので、会社もほとんどスポンサーで、理解のある会社がほとんどです。

オーケストラの演奏者になるには、音楽大学に進み、経験と実績がある講師に学んで、コンクールにでて結果を残したものが演奏できるものなので、当たり前のように結果を残したものだけがなれる職業と言えるでしょう。

オーケストラの演奏者になるには

オーケストラはとても人数が多く、正直楽器一つ抜けてたとしてもわからないのではないかと思う方も結構いらっしゃいますが、びっくりするほどわかってしまうのです。
一つ一つの楽器に意味があり、曲を完成させるためには、すべての楽器が必要なのです。
そして、指揮者はすべての楽器の楽譜が頭に完璧に入っていて、大人数の演奏者の音やタイミングがずれないように、全体を常に把握しなければなりません。
このようにオーケストラは楽器一つ一つが重要なので、全員が主役といってもよいでしょう。
オーケストラの演奏者になるには、協調性もそうですが、いかに自分が弾く楽器に気持ちがあるかです。
そして、長く積み上げてきた実績を世間が評価するところまで練習し、努力を重ねたものだけが上がれるステージかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る